y>

賢者の目

新時代の教義・その四  2018.11.27
_DSC8322-4.jpg

賢者の目

 あらゆる物質には対極をなす正負の存在があります。
量子の世界(極小の世界)では対の関係でペアとして素粒子と反粒子があります。例えば電子と陽子(反電子)です。
現世界の裏には別のもう一つの世界(霊界)があるというのもこうした現象から推論されたのでしょうか。

 意識も波動や粒子と考えられる以上正負の法則、対極の法則下にあります。
この世に光と影や陰陽、正負があるように意識という人間の目には見えないけど近未来にはエネルギーとして認知される新たな領域があります。
発生と消滅、生と死などの他に主観と客観、集中と散漫、喜びと悲しみ、記憶と忘却、落胆と高揚、成功と失敗、能動と受動、積極と消極など数限りなく観念、感覚、認知という形で人間の高度な意識領域には対(ペア)が存在します。

 人の意識も対をなします。
「人の美徳を認め、褒める」という意識活動から正負を考えた場合対(ペア)の認識はどんな言葉で表現できるでしょうか。
「非難、中傷」あたりでしょうか。

◆中庸の認識
 人の美徳を認め、褒めるとは鏡の法則で自分を評価し自分への愛と感謝の言葉を発するに等しいと言いました。
では、その反対語の存在はどこにあるのでしょうか。
これは、例えば愛と言ったらその反対の憎しみの認識があって初めて愛の何たるかを認識します。
楽しいのは楽しくない退屈があるから楽しいのです。
生は死があるからこそ光輝いているのです。
 つまり、人を褒めるとはその対の非難や中傷の認識があって初めて成り立つ認識と言えます。
もし、プラスの褒める高い評価のみを出すとするとそこには破滅と不調和が出現するわけです。
愛一つとってみてもそればかりでは存在せず、勝ち取るために争いやトラブル醜い側面が下支えしての愛があるのです。愛を貫く厳しさの認識がより高度な愛を創出することに繋がるわけです。
あらゆる事象現象の純粋観察の必要性は、こうした正負同等の観察眼の必要を意味します。
ここで言う人を褒めるということを熟考すれば、自分をマイナスで非難・中傷する部分があって初めて褒めて評価する愛念が湧いてくるわけです。
よく中庸であれと言われますが、この意味はプラスもマイナスも知っていてどちらにも振れ過ぎない知恵を持つということです。ボーッとしていることとは違います。

◆無理してでも褒めるポイントを瞬時に見つける
 その気になれば、外界のあらゆる分野で美しく感動を誘う情景に出くわします。
人間の意識の霊的領域がこの空間が愛と感動が織り込まれていることを知っているわけです。
外界の宇宙を含む霊的領域(人間の本源と繋がっている)は、瞑想などでその人間と最深部で繋がると古い言葉で「神仏と繋がった」境地を体験したなどと言われます。

 誰かの素晴らしい点や長所を即座に判断し評価する事はその人を通して自分を褒めていることになります。
相手に美徳を沢山見つけられたなら、それは自らの霊にありがとうの感謝の気持ちを投げかけていることを意味します。人を褒める意味は、自分を鏡で見ていることなのです。
慣れない習慣も自分の中でこの感謝行を繰り返していると努力しないでも自然と社会生活の中に反映されてくるものです。
但し、中庸の認識にあるように必ずプラスの認識と同等のマイナス部分の認識が不可欠であること知りましょう。
常に冷徹に自分を客観視してプラス・マイナスの両面からの事実確認チェックは怠れません。
相手の美徳を見つけて胆略的に評価するのではなくて、瞬時にその反対の部分を認識するのです。
反対部分の認識は「それはそうである」と意識に取り込まぬように軽く流します。

 相手に見た美徳や評価が、何を基準に素晴らしいのか、それを自分の人生にどう生かしてゆくかを考えた場合必ず自分の不備で不完全な反対部分にも視点を向けるということです。
それにより一層の霊的向上が約束されることになります。

◆チェックポイント
 前回にも書きましたが、できた気になる思い込みは通りません。
本当に出来ている場合は、当たり前すぎて興味も興奮も沸かないのです。

 ここで通常陥るのが「舞いあがり」です。
宇宙との一瞬の一体感を経験することが「悟れた!」になってしまうのです。
たまには有頂天もいいですが、ズーっと降りてこれないままの人もいるのです。
悟りは終わりが無く深層意識は次の悟りを目指します。
※何故人を褒めたり評価すると宇宙と一体感になるのかは後日に説明します。

 新時代には悟りなどその気になれば以前のような艱難辛苦などなくても獲得できるのです。
なぜなら真理の時代の到来は霊的に高い波動を呼び込みます。
周囲に覚醒した人だらけとなってきて霊的リーダーたちの高い波動の拡散が始まります。
気づき、真理、平和、調和、進化の黄金期に入ります。

 「何を考えたか」が結果を優先します。
焦らずゆっくり人間づくりをやってまいりましょう。
人生の進捗はゆったりと螺旋スパイラルを描き上ってゆくものです。
飛び級はありませんから。

チェックの二つ目です。
 あらゆるプラスを瞬時に捉えるとは、逆に言えば当然マイナスの部分も同様にあると書きました。
その場合は認識に留め置くことです。闇を追ってはなりません。
例えば、自然を歩いていて舞いあがって蛇を踏むこともないわけではありません。
感傷に浸り過ぎて海岸を歩いていて波にさらわれないとも限りません。
蛇や波の恐れの闇に取り込まれてはなりません。認識して軽く流します。
つまり、どんな時も純粋観察とセンターリングが出来ていることです。心を振れさせないことです。
自分を失う悟りはあり得ませんから。

瞬時に美徳が見出される練習が出来てくると、ある日生活環境が一転していることに気づくはずです。
誰にも立ち入れない堅固な城が出来上がってくるからです。
瞑想は大きな助けとなります。お続け下さい。
本日も読んでいただき有難うございました。

【参照:波動の世界】
【参照:瞑想の準備】
【参照:新時代の前に・その一】

あらゆる物質には対極をなす正負の存在があります。
意識や想念の世界も同様に存在します。
純粋観察といって様々な現象を瞬時で正負両面から評価判断することが大切です。
意識や想念がコントロールできるようになると失敗や間違いが激減します。
獲得した分一層自由が得られます。
自らの進化発展に寄与したことになります。
☆人々は、それぞれに肉体とそれを生かす我が霊を持ちます。
過去生と今生からの知識・情報を肉体の自分を介して情報処理して現在を円滑に生きることが可能となっております。
人間は、転生を繰り返す存在です。各時代の体験・経験からくる知識からエキスをとりだして叡智となします。そのために生死を幾度となく体験し知識を蓄積してゆくのです。
ということは、各自の帰還する霊界に厳然たる階層が存在し、肉体を脱ぎ捨てると波動を変えて帰る次元が存在するということです。
 霊界と現実世界との違いは、休息の地霊界は、7×7の階層に分かれておりそのまた一つ一つが7つに分かれるという具合に我が霊の霊歴霊格によって格差があります。自由に行き来することは許されていません。
霊界が上位であればそれだけ人間の転生の数が多く人生経験が豊富であるといえます。
現代社会が力や社会的・経済的にピラミッド構造になっていますが、霊界でも同様な社会構造が存在するのです。
 古い霊歴をもつプシケは、その他の若い霊歴しか持たないプシケにたいし優位性を持ちます。肉体を持つ現代でも人格・心情としてその法則は存在します。
混同するのは、現代社会でリーダー的立場に立つ人はすべて霊性霊格が高く素晴らしい賢者としての人生を歩んでいるかということです。ひとことで言えば違います。
 霊界では、厳然たるシステムの中で霊格や霊歴は絶対ですが、肉体を纏った現代社会においては様々な霊格人格者が混在し玉石混交の状態での学び・体験となるからです。
確かに霊性の振るい方や高い方が社会的リーダーや職場の長となるケースは結構あると思います。
しかし、霊的に優位性があるとしても、それがそのまま社会のリーダーや指導者になるとは限りません。
カウンセラー横山空未の人生相談リーディング電話予約受付中です。

まずは、お電話を…
045-290-4431 AM9~PM4
人生悩み相談・恋愛・結婚問題・夫婦トラブル・霊的分野の情報・開運法
健康相談・家屋土地の見たて・引っ越・土地の霊視・移転・育児・子育て
経営相談・起業独立・進学進路・就職・姓名言霊判断
ヒーリング・チャネルリーディング指導

●水晶・パワーストンは日本一を目指して参りました。特に本物の水晶球の在庫には自信があります。
電話予約の上無料でご覧いただけます。
●「水晶の家れい」は水晶・パワーストン・人生相談30年の老舗です。安心してご予約の上おいでください。
水晶・パワーストンは常時ご覧いただけます。必要な情報も無料で提供しております。(特殊なご相談は有料となる場合もあります)
「水晶の家れい」では一度お出で頂いたお客様は以後最優先で予約をお取りします。
また、現在は通販はしておりませんが、一度でもおいでになった方にはお送りさせていただいております。

_DSC4915-4.jpg 一面カットの水晶剣-11
六方晶系(三方晶系)のパワーストンである。Sio2、六方晶系で硬度は水晶同様7である。
水晶の価値は、どのサイズの水晶玉が取れるかで決まります。
写真掲載の水晶ポイントは、水晶玉にするはずの石を敢えて研磨したものです。10個並んポイントにはファントムと言われるインクルージョンが混入しているものがあります。

前回最新情報
土地・住まいの気
希望の実現
心の鏡
水晶浄化法
健康一番
お金はエネルギーです
横山空未の人生何でも相談
脳と霊の関係
考えた通りになる
先を見る
土地の清め方
水晶球(玉)の神秘

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へブログランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ精神世界

☚ 読者の皆様の応援に支えられております。応援ポチをよろしくお願い申しあげます。
≪「水晶の家れい」マップ≫220-0002神奈川県横浜市西区南軽井沢10-30 電話予約045-290-4431
横浜駅歩いて平坦12分・車横浜西口IC30秒・タクシー「勧行寺楠町会館前」ワンメーター
関連記事

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中庸であれ、と言うお言葉、
とても勉強になりました。
それを気にしないくらいに身につけているレベルではありませんが、
ゆっくりと人間磨きしたいと思い増す。
お知恵をありがとうございます。
プロフィール

「水晶の家れい」in横浜

Author:「水晶の家れい」in横浜
FC2ブログへようこそ!
◎「水晶の家れい」ツイてる人が読んでるブログです。水晶・人生相談25年の老舗。成功・幸福の情報満載!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ブログランキング精神世界
こちらもポチを頂けると嬉しいです。

ご面倒をおかけして申し訳ありません。感謝いたします。
★1ポチでブログが続けられ、2ポチで互いに繋がって、3ポチで世界が変わります。 ご面倒ばかりで済みません。貴方の応援のポチをお願いします。感謝いたします。

●水晶研究25年。誰も知らない水晶・パワーストン情報。
●新時代の意識科学でつかむ成功と願望達成と霊性向上。
●カウンセラー横山空未の人生相談チャネルリーディング受付中。

詳しくは下記リンクより
「水晶の家れい」ホームページです

Twitterもご覧下さい。「minatokero」【Twitter】

水晶・パワーストンの解説・販売
【参照:水晶球の世界】


~過去の内容~ 
《空未の人生相談》
【参照:運の良くなる相談室】
【参照:横浜の人生悩み相談】
【参照:人生鑑定】
【参照:占い鑑定】
【参照:力になります】

【参照:幸せしてますか】
【参照:横浜の健康相談】

【参照:幸せ相談室】
【参照:横浜の人生相談】

【参照:引っ越し相談】

【参照:横浜幸福幸運道場】
【参照:人生何でも相談】
【悩みを聞きます】
【横浜の何でも相談】
【相談事・心配事】
【横浜・こころの相談室】

《新時代の前に-エノクの予言》
【参照:新時代の前に・その一】
【参照:新時代の前に・その二】
【参照:新時代の前に・その三】 
【参照:新時代の前に・その四】
【参照:新時代の前に・その五】
【参照:新時代の前に・その六】

《ブログ内容》
水晶情報最新版
死んでから
健康と病の意味
人間の品性
心の時代
賢者の目
土地・住まいの気
心爽快
希望の実現
心の鏡
水晶浄化法
健康一番
お金はエネルギーです
横山空未の人生何でも相談
脳と霊の関係
考えた通りになる
先を見る
土地の清め方
水晶球(玉)の神秘

出会いの縁
笑いの効果
消えた二大大陸
そのままが一番
横山空未の人生何でも相談
瞑想の可能性
努力してない
水晶生活
境地
考えた通りの自分
生まれ変わり
意識統合
運とは
地球の緊急課題(2)
水晶情報
笑顔パワー
地球の緊急課題(1)
自分との会話
意識と現実
内なる言葉
希望成就
黄金期
幸せ法則
彼らからの助言
やる気
宇宙のシステム
夢はありますか
世界最高峰はエベレストではない
達人
水晶玉の世界
幸福になる言葉
新時代の知識
創造に生きる
時間が早く過ぎている
想念の世界
一人で出来る幸せづくり
進化の時代
運の良くなる相談室
ピラミッドの地下基地

最新記事
フリーエリア
こちらもポチを頂けると嬉しいです。
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
y>